PNB Coffeeのオンラインストアをリニューアルしました!

PNB Coffeeではコーヒー豆の他にお客さまからよく聞かれる商品があります。それがお店で使っているマグカップです。北欧デンマークのオーナーがデザインした店内はすっきりとした白とウッド調が特徴なのですが、そんな雰囲気にぴったり合うこちらのマグカップ、実はMADE IN JAPANの商品です。モダンなこのマグカップは長崎県・波佐見町で作られています。今日は少しだけコーヒー以外のお話です。

日本有数の窯業の街、長崎県・波佐見町。安土桃山時代から400年以上も続く陶磁器の小さな町は、早くから量産体制が整い、日用食器を得意としてきました。日本だけではなく当時はヨーロッパへも輸出をしており、当時高級品だった食器類を家庭でも使えるよう初めて全国へ広めていったのが「波佐見焼」なのです。

実は私、その波佐見町出身なのですが、どれだけ町全体が窯業で盛んなのかと言うと、両親、父方と母方両方の祖父母、親戚は全員陶磁器を作っています。ほとんどの知り合いが何らかの形で窯業に携わっています。小学校の近くには焼き物公園という場所がります。遊具があるわけでもなく、いろんな窯が置いてある広場で、年に1回は学校行事で見学に行っていましたし、小学校の授業では粘土で焼き物作ったり絵付けしたりしていました。平和ですね笑

波佐見町の周りには他にも陶磁器で有名な街がたくさんあり、そのひとつが有田焼です。一時期は有田焼が全国的に有名になり、波佐見焼はその下請けとして商品を作っていた時代もあったのですが、最近ではその量産体制にまた一目をおかれ、豊かな自然と気さくな地元のひとに惹かれ、全国各地から波佐見町へ移住し陶芸を学ぶ若者が増えてきたと聞いています。もともとシンプルで誰でも使えるような食器を得意としてきた波佐見焼に、新しいデザインやアイデアが加わり、今では日本で最もアツい陶器の町の1つとなっています。

そんなたくさん伝統が詰まった波佐見焼を、カリフォルニアを拠点として活躍する篠本拓宏がディレクションし、海外のカフェで使えるような現代的なテーブルウェアとして生まれたHASAMI PORCELAIN。マットな質感とシンプルなつくり、ちょうどいい大きさは、どんな場面でも使える優れものです。

かわいいだけではなく、スタッキングもできるので、何個か購入しても重ねて収納すれば、見た目も食器棚もすっきりします。もともと日用食器を得意としていただけあって、価格も抑えめ。しっかりとしたつくりになっているので、最近マグカップ欲しかったんだよな〜という方、数量限定なのでお見逃しなく!また波佐見町もしくは長崎遊び行きたい〜という方、全力で相談に乗りますのでお店に遊びにきてください!

オンラインストア

Comment