前回に引き続き、デンマークへ行ってきて感じたことをご紹介いたします。

ライフスタイルに続く第二弾は、「食」。

 

デンマーク料理って聞いたことありますか?

え、考えたこともなかった、という人が大半ではないかと思います。

わたしも想像がつかず、「デンマーク料理ってなに?デンマーク料理って存在するの?」と尋ねたことがあります。

「デンマーク人は一体何を食べているのか」、今回は朝ごはんをご紹介いたします。

 

起きたらまずは目覚めのコーヒーを一杯。

北欧では日本の倍くらいのコーヒー消費量があり、完全なるコーヒー文化です。

 

① ヨーグルト + グラノーラ

酪農が盛んなデンマーク。ドライブするとよく牛さん、お馬さんを見かけます。

ピーターが日本の乳製品のラインアップの少なさに衝撃を受けたほど。

日本のミルクは脂肪分が3%台のものが多いですが、デンマークでは1%台が基本。

日本でいう低脂肪牛乳あたりがデンマークのスタンダードです。

デンマークでは、同じミルクでも脂肪分別に5種類くらいに分けてパッケージされています。

高脂肪、普通、低脂肪、超低脂肪、超超低脂肪 ってかんじでしょうか(個人的な表現ですみません)

ヨーグルトも同様に、種類がたくさん!!フレーバーもたくさん!!

そんなヨーグルトとグラノーラ、ついでにフルーツものせて食べるのが、デンマーク的朝ごはんです。

 

② ポリッジ

(出典 Flickr)

(出典 Flickr

ポリッジとはオートミールを水やミルクで煮込み、おかゆ状にしたものです。

Googleで「ポリッジ」と入れると「ポリッジ まずい」って出てきちゃったのですが(笑)、

日本人にとっては確かに「美味しくない」印象を持たれています。

デンマークではポリッジは日常的に食べたられるヘルシーフード。

おかゆ状なので少量でお腹にたまります。

デンマークではミルクで煮詰めた後、ヨーグルトをかけて、グラノーラと果物、ナッツをのせて食べます。

昨年4月にデンマークへ行った際、ポリッジ専門店へ行ったのですが、

狭い店内に列ができるほど混んでましたし、

かわいくトッピングされたポリッジを写真にとりまくる女子がたくさんいました。

自宅でも簡単に作れますので、

北欧雑貨のように、カラフルにかわいく、かつシンプルにトッピングして

デンマーク的朝ごはんを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

③ デニッシュ

(出典 Flickr)

(出典 Flickr

デンマークといえばデニッシュ!

バターの風味たっぷりのデニッシュ生地にフルーツジャムがのったものや、

チョコレート系、ナッツ系に、定番のシナモンロール。

本場のデニッシュは本当にどこで食べてもおいしい!!

 

④ ロールパン

丸い手のひらサイズのパンのこと。

これをトーストして、半分にスライスします。ハンバーガーのバンズみたいに。

その上に好きなものをのせて、オープンサンドみたいにして食べるのがデンマーク流。

一般的なトッピングは、シンプルにハムだけ、またはお好きなチーズにフルージャムをのせたもの、

もしくはバターを少しぬって板チョコ(パン用の)をのせたもの。

 シンプルなのにいちいちオシャレに見えてしまうんですよね、これが。

すごく簡単にできますので、ご自宅で試してください。

 

そして、忘れてはいけないのが、食後のコーヒー。

本当にデンマーク人はコーヒーをよく飲みます。そしてしゃべります。

家族や友人と会話する時間が最もプレシャスなデンマーク人(北欧)、

団欒の時間にはコーヒーは欠かせない。

だからこそコーヒー消費量も世界でトップクラスなのかもしれませんね。

 

デンマーク人の朝ごはんをご紹介しました。

想像通りでしたでしょうか?

 

ちなみに、デンマークで日本の朝ごはんは焼き魚だよ!と紹介したら、

みんなにドン引きされました。

朝から魚を食べる日本人はクレイジーなようです。

 

次回はお昼ごはんをご紹介します。

 

 

Comment