こんにちは!以前、【デンマーク人が教える!コペンハーゲンでやるべき10のこと】と題して、PNBCoffeeオーナーのピーターによるおすすめスポットをご紹介いたしました。そのブログの反響がよく、ブログを見てコペンハーゲンを回ってきました!というお声もたくさん頂きました。

ただせっかくデンマークへ行ったのにコペンハーゲンだけではもったいない、、、デンマークはとても小さな国ですが見所はコペンハーゲン以外にもあります。ということで、今回はコペンハーゲンに続くデンマーク第二の都市オーフス(Århus)のおすすめスポットをご紹介いたします。

オーフスといえばPNBCoffeeで取り扱っているLa Cabra Coffeeがある街です。2013年設立と若い会社でありながら、今ではThe Coffee Collectiveに次ぐデンマークのスペシャリティコーヒーロースターとなっています。そんな街オーフスを一言で表すと「若い」もしくは「学生の街」といったところでしょうか。ある調べでは、なんとオーフスに住む16%の市民が学生というほど。オーフス大学は首都にあるコペンハーゲン大学よりも規模が大きく、たくさんんの学生がオーフスに集い、街は若いエネルギーに溢れています。

La Cabra Coffee店内(出典 Flickr)

La Cabra Coffee店内(出典 Flickr

あまり日本人には知られていないオーフスですが、ヨーロッパ各国からはたくさんの観光客が訪れます。世界的なテレビ局CNNが先日発表した「17 best places to visit in 2017(2017年に訪れるべき場所ベスト17)」 にも選ばれたオーフス。今回はデンマーク出身のPNBオーナー、ピーターがオーフスでぜひ行ってほしい場所をご紹介いたします!

1、Aarhus Central Food Market(http://aarhuscentralfoodmarket.dk

最近オーフスの中心に誕生したセントラルフードマーケット。まず何と言ってもPNBのお気に入り、La Cabra Coffee2号店と、デンマーククラフトビールMikkelerのボトルショップがあります。世界各地に展開するMIkkelerはオーフス市内にもバーがありますが、ここでは可愛いパッケージのボトルの販売をしています。その他にもオーガニックサラダや国民的朝食ポリッジなどなど、小さなグルメショップが並びます。

2、St. Pauls Apotek(http://stpaulsapothek.dk

昔の薬局だったところをリノベーションし、今はカクテルバー&レストランとして街のみんなに愛されています(Apotekとはデンマーク語で薬局)。デンマークでは食事にワインを合わせるのが一般的ですが、ここでは料理に合わせたカクテルが提供されます。オーフスで一番のカクテルバーというだけではなく、どこか昔の薬局の雰囲気が残る店内で、素敵な料理たちを堪能できます。

3、Åen (川)

オーフスの中心にはÅen(デンマーク語で「川」)が流れています。川沿いにはたくさんのレストランやカフェが立ち並び、とってもリラックスした空間は、天気のいい夏の夕方に友達とビールを飲むには最高のロケーションと雰囲気です。以前もご紹介しましたが、北欧の冬は長いため、デンマーク人は夏をここまでか!というくらい楽しみます。川沿いのカフェでゆったり、ぼーっとしながら、デンマーク人のように夏の太陽を楽しんでみるのもいいですね。

4、ARoS(http://www.aros.dk

オーフス美術館はヨーロッパ北部で最も大きい美術館のひとつです。展示内容は常に変わり、クラシックなものからモダンなものまで様々な展示物を楽しめます。一番の見所は、デンマークとアイスランドのハーフOlafur Eliassonによって作られた、最上階に飾られた「Your Rainbow Panorama」です。

5、Latinerkvateret (The Latin Quater)(http://www.visitaarhus.dk/latinerkvarteret-gdk653391

Latinerkvateretはかつてのオーフスの中心街を表す言葉として使われていました。現在はオーフス市内の小さなエリアのことを指し、狭く曲がりくねった石畳の道沿いには、小さなブティック、アート、ギャラリー、ジュエリーショップ、カフェなどが立ち並び、ぶらぶさ散策し気になったところにふらりと立ち寄るにはもってこいのエリア。外に座ってゆっくり過ごすのも最高です。

6、Langhoff & Juul(http://langhoffogjuul.dk

Latinerkvatereにあるオーガニックレストラン。季節のオーガニック食材を使った料理はもちろん、「大切な人との大切な時間」をコンセプトにしている店内の雰囲気も文句なし。ブランチ、ランチ、ディナーいつ行っても彼らの料理には驚かされるはずです。

7、Festivals(フェスティバル)

オーフスでは友達と出かけるのにもってこいのフェスティバルがたくさんあります。夜に街を歩けば、催し物やどこからともなく音楽が流れてくる。最もおすすめなのが「Århus Festuge」日本語に訳すと、そのまま「オーフス パーティーウィーク」(笑)。10日間にわたって街のあちこちでコンサートや展示会、催し物が開催されます。オーフスに行くならぜひこの期間を狙っていくのもおすすめです!

さて、以上オーフスでやるべきことをご紹介いたしました。日本人に出会う確率もコペンハーゲンよりは少ないと思いますし、デンマーク人の若者たちが溢れる街だからこそ、コペンハーゲンでは見れない「日常」がここオーフスでは見られるかもしれません。コペンハーゲンに比べれば小さな街ですが、リラックスした街なので、ぜひ訪れてみてください!

 

 

 

Comment