ランチのご提供は7月をもちまして【終了】となりました。

 

こんにちは!4月に突入し、PNB Coffeeがある中目黒では目黒川沿いの桜がきれいに咲き誇り、たくさんの人で賑わっていました。お花見に合わせてご来店されるお客様も多く、常連の方から初めましての方までいろんな人とお話ができ楽しく営業できました。桜も散り始め落ち着き始めたので、先週から始めた平日ランチについてご紹介したいと思います!

IMG_2682.JPG

デンマーク料理ってなに?〜昼ごはん編 でご紹介したsmørrebrød(スモーブロー)はデンマークではランチの定番です。日本でいうお弁当感覚で、学校や職場にライブレッド(いわゆる黒パン)と具材を持っていって、ランチタイムにオープンサンドのようにして食べます。日本でもおにぎり専門店があるように、デンマークでもスモーブロー専門店がたくさんあり、ライブレッドが隠れて見えなくなくなるまで具材をたっぷりのせて頂きます。

ライ麦粒、ごま、ひまわりの種がゴロゴロ入ったライブレッド。噛み応えがかなりある。 

ライ麦粒、ごま、ひまわりの種がゴロゴロ入ったライブレッド。噛み応えがかなりある。 

そんなスモーブローランチをPNB Coffeeでも平日限定で始めました。日本で見つけることが難しいライブレッドは当店で手作りし、日替わりの具材をのせたプレートとコーヒーのセットでご提供いたします。

ライブレッドを作るには最低でも4日かかります。というのもサワードウと呼ばれるパン種を使用するからです。サワードウとは小麦粉とライ麦粉と水を混ぜて室温で放置させ、乳酸菌と酵母を自然に作り出した酸味のあるパン種で、ライブレッドには欠かせません。ライ麦をたくさん使ったライブレッド。ライ麦は小麦粉に比べ食物繊維やタンパク質が多く含まれており、通常の食パンに比べると栄養がありヘルシーです。またサワードウで発生する乳酸菌は皆様もご存知の通りお腹にいいものです。パンをよく食べるデンマーク人ですが、たいていはこのサワードウをベースとするものが多く、腸の働きを促してくれるので、「だからパンをたくさん食べてもデンマーク人はスラッとしているんだよ」と冗談まじりで当店のオーナーPeterは話します。

サワードウは室内で放置。1日1回はかき混ぜてあげる。

サワードウは室内で放置。1日1回はかき混ぜてあげる。

乳酸菌のおかげで少し酸味があるライブレッドは、なかなか日本人には馴染みのないもの。独特の風味があるので苦手な方もいらっしゃるかと思いますが、慣れれば、噛めば噛むほど味が出るので、日本人に言わせるとお米みたいなものでしょうか。

このライブレッドがパンの基本であるデンマーク人(Peter)は、日本にある白くてふわふわのパンは、「パンじゃない!」と言います(笑)。デンマーク人に言わせれば、あまりにも「加工されている」ように感じるようで自然の味がするライブレッドが1番なんだとか。

IMG_2782.JPG

そんなライブレッドにバターを塗って、これでもかと言うほどの具材をたっぷりのせます。定番なのは、ニシンの酢漬けとカレーソース、スモークサーモンとクリームチーズ、じゃがいもとベーコン、卵と小エビ、ローストビーフと玉ねぎ、、、といったところでしょうか。デンマーク料理といえば「ジャガイモと肉」と何度もご紹介していますが、やはり海に囲まれた国なので魚介も食されます。ニシンの酢漬けは定番中の定番で、お刺身を食べ慣れている日本人には好まれやすい味ですが、北欧以外のヨーロッパからするとちょっと抵抗もあるようです。

IMG_2705.JPG

当店では平日のランチタイムにのみ提供をします。具材は日替わりで2種類のスモーブローがのったプレートランチ1種類です。コーヒー(飲めない方には紅茶)と一緒で1200円です。ずっしりと重いライブレッドにはライ麦粒やごま、ひまわりの種がごろごろ入っており、噛み応えがかなりありますので、たくさん噛んで甘みを感じていただけたらと思います。

 

Comment